スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク




らいぶdeキッチン ハピふるのレシピ 『キムチかき揚げ』

らいぶdeキッチン ハピふるレシピ紹介 2008年1月22日
『キムチかき揚げ』


ハピふる レシピのことならおまかせ♪

今日のらいぶでキッチン ハピふるのレシピは、前日のシェフのジャンルの食材をセレクト!コウ先生の韓国料理から笠原先生はキムチかき揚げのレシピ!

2008年1月22日のらいぶdeキッチン レシピは、
『キムチかき揚げ』


今週のテーマは、”5人のシェフでリレーレシピ”でした。
おしえて!うれしぴから装いも新たに始まりました、らいぶdeキッチンこれからとても楽しみですね!


月曜日から金曜日まで様々なジャンルの料理人が登場して、おウチでも簡単に出来てしまうとっておきのレシピ!
毎週一つのテーマに沿った料理を5人のプロが日替わりで教えてくれちゃいます♪


かんたんで美味しくてうれし〜いレシピをご紹介。
今日は、和食ではニンニクや唐辛子はNGだそうです。。。でも衣を混ぜすぎずサックリ仕上げたキムチのかき揚げのレシピを教えてくれます。


火曜日は「賛否両論」店主の笠原将弘先生です。


今日のレシピおさらいです。(4人分)


■市販のキムチ150gを刻んでペーパータオルで押さえて水気を除く。
★レシピポイントです!「高温でも抜けないモノ」
高温の油で揚げたとしても水分が多いと水気が抜けきらないのでベチャベチャのかき揚げになってしまう。

■ボウルにキムチ、6等分に切ったホタテ貝柱4個分、桜エビ10g、ざく切りにした春菊の葉の部分1/5束分を入れてあわせて、薄力粉適量を全体にまぶす。

■別のボウルに冷蔵庫で冷やして置いたふるっておいた薄力粉150g、卵1個、冷水100ccを入れてさっくり混ぜて衣にする。
★レシピポイントです!「賢者は冷蔵庫を使う」
天ぷら衣の材料は粘りの成分グルテンがでないように冷やしておく。

■最初のボウルに衣を適量加える。

■木べらを使って流し入れて、180℃の揚げ油で両面約3分程度揚げる。
または、10cm角に切ったクッキングシートにのせて、そのまま揚げ油に入れて外れかけてきたら取り除く。

■からりと揚がったら油を切ってお皿に盛って、塩を添え、急須に鰹節適量を入れてお湯を入れ、お好みでしょうゆ適量を加えてだしを作り、ご飯も添えて天茶にしていただくのもgood!
★レシピポイントです!「手続き不要ダシ!」
少量のだし汁を作りたい時は、急須を使って簡単に!


★今日のレシピポイントです!
「高温でも抜けないモノ」
「賢者は冷蔵庫を使う」
「手続き不要ダシ!」

今日のらいぶdeキッチンの笠原先生、キムチにはトラウマがあったようです。。。(笑


↓らいぶdeキッチン ハピふるのレシピ詳細は、「Esse(エッセ)」に掲載されています。
お得なESSE年間購読はこちらから♪


らいぶdeキッチン ハピふるレシピ紹介 2008年1月22日
『キムチかき揚げ』



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。