スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク




らいぶdeキッチン ハピふるのレシピ 『鶏つくねのうまだし根菜鍋』

らいぶdeキッチン ハピふるレシピ紹介 2007年12月18日
『鶏つくねのうまだし根菜鍋』


ハピふる レシピのことならおまかせ♪

今日のらいぶでキッチン ハピふるのレシピは、鶏肉から出た美味しいだしを味わう鶏つくねの根菜鍋のレシピ!

2007年12月18日のらいぶdeキッチン レシピは、
『鶏つくねのうまだし根菜鍋』


今週のテーマは、”あったか鍋レシピ”でした。
おしえて!うれしぴから装いも新たに始まりました、らいぶdeキッチンこれからとても楽しみですね!


月曜日から金曜日まで様々なジャンルの料理人が登場して、おウチでも簡単に出来てしまうとっておきのレシピ!
毎週一つのテーマに沿った料理を5人のプロが日替わりで教えてくれちゃいます♪


かんたんで美味しくてうれし〜いレシピをご紹介。
今日は、ピーナッツが入ったつくねからたっぷりうま味がでた鶏つくねの根菜鍋のレシピを教えてくれます。


火曜日は「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピおさらいです。(4人分)


■土鍋に水5カップを入れて、昆布10gを加え、弱火で煮出す。

■ボウルに鶏ひき肉400gと、みじん切り長ネギ50g、すりおろし生姜小さじ1/2、卵1個、塩小さじ1、砂糖・片栗粉・しょうゆ各大さじ1を入れてよく練り、砕いたピーナッツ50gを入れて粘りが出るまでよく練る。
★レシピポイントです!「ふんわりうれピー!」
粘りが出るまでよく混ぜることでふんわりとしたつくねにピーナッツを加えて軟骨のような食感をプラスする。

■土鍋にささがきにして水にさらしたゴボウ70g、つくねをスプーンなどで団子状にしながら入れていき、2分程度煮る。
★レシピポイントです!「うまだしコンビ」
相性のよい鶏肉とゴボウを煮ることでうま味のあるだしがでる。ゴボウは水にさらしすぎない!

■アクを取り、しょうゆ・みりん各大さじ2を加えて、一煮立ちさせる。

■皮をむき横に輪切りにしたカブ2個分120g、輪切りニンジン50g、斜め薄切りにした長ネギ60gを加えて蓋をして2,3分程度煮てから、最後に太めの千切りにしたレタス100gを加えて、さっと煮たら出来上がり♪
★レシピポイントです!「しゃぶしゃぶ」
最後にレタスを加えてさっと煮ることで、しゃぶしゃぶ感覚。

★今日のレシピポイントです!
「ふんわりうれピー!」
「うまだしコンビ」
「しゃぶしゃぶ」

今日のらいぶdeキッチンの笠原先生、石本さんのささがきを「ささがきネオ」と命名してました!(笑


↓らいぶdeキッチン ハピふるのレシピ詳細は、「Esse(エッセ)」に掲載されています。
お得なESSE年間購読はこちらから♪


らいぶdeキッチン ハピふるレシピ紹介 2007年12月18日
『鶏つくねのうまだし根菜鍋』



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。